ベースライン

 ストロークの鬼といったらアンドレ・アガシだったけど、今はどうなのかなあ。昔はマッケンローとか、なんていうかアクの強い人たちがたくさんいた気がする。ゴルフ界もそうだった。近頃はアスリートのアスリート化がいよいよ進んできたと、そういうことなのか。そういえばずいぶん昔の動画でクリス・シャーマがアダム・オンドラを評して「Fine-tuned climbing machine」なんて語っていたが、そんな感じか。現在のコンペティターなんてもっと特化しているから、もはや最新鋭の宇宙ロケットみたいなものなんだろうな、おそらくは。

 ……おっといけない、ベースラインの話。

シーズン中にひたすら目標課題に打ちこんで、そのうちにだんだん弱くなってくる。何だって? どこが? メンタル? 違うな。技術? むしろ上がっている。なんだい、フィジカルかい。その課題用の身体になって、結果として登れりゃぜんぜん構わないじゃないか、とは言えるものの、オフシーズンに入ってジムに行ったらなんもできない、そういうことってあると思う。

 フィジカル、というか運動能力、ベースとしての身体の性能、これもやっぱり、刺激を与えないと下がってしまう。極端な話、サボりまくったら寝たきりになるものね。宇宙飛行士なんて1ミリもサボっていないけど、地球に戻ったら大変なことになっている。

 さりとて「宿敵とたたかっているときにそんなモンやってられるか」と思うのも人情なので―私もやりません、だって疲れちゃうじゃんね―、技術は上がっても、アスリートレベルはそのまんまなケースはけっこうあると思われる。たぶんこれも「わかっていても突っ込んでいる」落とし穴のひとつじゃないかと思う。

 己を顧みるとこの数年フィジカルは上がっていないから、下がって戻して下がって戻ってを繰り返しているみたいだ。オフになると気紛れにフィジカルをやったりするからね。そういう人は少なくないと思う。

 そんなわけで、シーズン中でも少しはフィジカルトレを入れよう、となったとき、ひとつはやりすぎないこと、量にしても強度にしても頻度にしても。

 もうひとつはタイミングで、宿題トライした日の〆にすればいいんじゃないかと思ったのです。これなら次のたたかいに悪影響はない筈だ。ビール飲みながら反省している場合ではない。やらなきゃできないもんな~